• TOP
  • 会社案内

社長メッセージ

全ての個性が輝く社会を実現する
Ponteは、「すべての個性が輝く社会の実現」をミッションに掲げ、障がい者就労継続支援事業を行います。
Ponte設立の背景には、就労継続支援A型事業所アクティブとの出会いがあります。Ponteの母体である、日産サティオ徳島では2019年ごろから中古車の販売を急拡大させた結果、中古車の商品化作業が大幅に増えました。商品化とは仕入れてきた中古車を販売できるように、ピカピカに磨き上げる作業で、中古車を販売するための重要な業務です。商品化には非常に時間がかかるため、日産サティオ徳島のスタッフだけでは捌ききれなくなり、アクティブと共同し商品化を行うようになりました。
正直なところ、障がい者の方たちがうまく仕事を回してくれるか、はじめは 不安でした。でも彼らは、真剣に仕事に取り組み、技術を磨きました。最初のころは沢山あった返品も、現在ではほとんどありません。日産サティオ徳島にとって、アクティブはプロフェッショナル集団であり、重要なパートナーです。アクティブとの出会いは私の価値観を変えました。
誰にでも得意なことと、苦手なことがあります。苦手ではなく、得意に注目する。得意を活かすことで、誰もがその分野においてプロフェッショナルになれる可能性を秘めています。そのような気づきと学びをもとに、Ponteはアクティブの板東社長と日産サティ徳島の藤村の共同で設立されました。
働くという行為は、単に生活の糧を得るための手段ではなく、なりたい自分になれ、やりたい事が出来るような、自己実現の手段でもあるはずです。Ponteでは、働くという行為によって、喜びや、やりがい、自信を得られ、自分は社会から必要とされていると実感できるような仕事を作ります。そして個人の持つ可能性が発揮され、誰も取り残されることのない、全ての個性が輝く社会を実現します。
藤村CEO画像
代表取締役社長CEO
藤村 泰之

企業理念

経営理念
私たちは、全従業員の物心両面の幸せを追求するとともに仕事を通じて人間としての正しい生き方を学び地域社会に貢献します。
ミッション
全ての個性が輝く社会の実現
ビジョン
働くという場において、障がい者という言葉を無くす

会社概要

社名 株式会社 Ponte
設立 2022年1月11日
資本金 600万円
代表者 代表取締役CEO 藤村泰之
従業員 6名(2022年2月時点)
事業内容 障がい者就労支援事業
所在地 徳島県徳島市佐古四番町13-8
電話番号 088-626-7181

役員体制

藤村CEO画像
藤村 泰之
CEO(最高経営責任者)
日産サティオ徳島 代表取締役社長。
障がい者と企業のマッチングの可能性に希望を見い出し、2022年に当社を設立、代表に就任。
坂東COO画像
板東 巧
COO(最高執行責任者)
就労継続支援A型事業所「アクティブ」代表。
障がい者就労のプロフェッショナルとして、現場の作業管理、利用者雇用を担う。
▼  Ponteに対する思い
  • “誰もがプロフェッショナルになれる”その想いが今、現実になろうとしています。
  • 約1年前に藤村CEOから「日産サティオ徳島で就労継続支援事業を立ち上げたい、一緒にやってくれませんか?」とお話を頂きました。
    その時は驚きと戸惑いで「私でよろしいんでしょうか?私で大丈夫ですか?」と返事をしました。
    藤村CEOからは「板東さんと立ち上げないと意味がない、アクティブの利用者さんを見て可能性しかない」と言われ、自分がしてきたことが初めて認められたと、うれしく思いました。
    ならばもっと、障がいを持った方が就労分野で活躍できるようにPonteの一員として、「誰もがプロフェッショナルになれる」ことを実践していきたいと思い、ともに就労継続支援A型事業を立ち上げることになりました。
  • 現在、私は就労継続支援A型事業所アクティブを運営しています。その中でいろいろな経験や学びがあります。障がいを持っている方には、働きたい方が多いこと。真面目に作業が継続できる方が多いこと。いろんな知識を持っている方が多いこと。
    つまり、可能性を秘めている人が多いということです。確かに、苦手なこと、出来ないこともありますが、それは私たちも同じです。出来ないことや苦手なことに挑戦することで、それが出来るようになっていきます。何度も何度も挑戦し、失敗もし、そしてプロフェッショナルに近づいていきます。
  • 私たちは“挑戦することを応援し、誰もがプロフェッショナルになれる”という信念を実践していきます。
    そして、その思いが現実となる時まで、Ponteの挑戦は続きます。
画像
宮城 卓
CSO (執行役員)
日産サティオ徳島 執行役員中古車部部長。
日産サティオ徳島で障がい者が働く仕組みを構築する。 中古車ビジネスに精通し、Ponteの主力事業となるオート部門の展開を担当。
▼  Ponteに対する思い
私は現在、日産サティオ徳島の中古車部の責任者をしております。
日産サティオ徳島では、販売する大部分の中古車の商品化を、障がいを持つ方にやっていただいております。商品化とは中古車車両の外装を磨き上げたり、内装をクリーニングしたりすることです。日産サティオ徳島はこの数年間、中古車販売を強化し順調に成果を上げてきました。しかしながら成果を上げたことによって、中古車の商品化も急増し、当時商品化を担当していた営業スタッフに心身ともに負担を強いることとなっていました。その打開策として、商品化センターを作り商品化業務を集約しようと考えました。 実はスタートした当初、障がいを持つ方への偏見があり本当に中古車の商品化など出来るのだろうかと思っていました。出来なければ仕方がない、とりあえず試してみようくらいの気持ちでした。しかし日々彼らの仕事ぶりに触れるうちに、その考え方が少しずつ変わってきました。 彼らには真剣に学び、教えられたことを丁寧に継続してやり続けられる力がありました。少しずつですが仕事ができるようになり、できる仕事も多くなりました。成長していく姿を目の当たりにしました。今では一人ひとりがプロフェッショナルな仕事をしてくれております。その結果、弊社の営業スタッフは営業活動に専念できるようになり中古車の品質向上にも繋がりました。 障がいがあるからできないということはありません。健常者にも決して負けない力を持っている、障がいを持つ方も無限の可能性を秘めております。そして私はその可能性を信じております。障がいを持つ方との隔たりのない社会を目指し、自分が得意としている車関係の仕事を中心に、社会に役立つ仕事を創出します。障がいを持つ方がもっともっと活躍できる社会の実現に向け挑戦し続けます。
森本CMO画像
森本 博通
CMO(最高広報責任者)
地域コンサル「助っ人」代表。
長年障害福祉サービスに携わり、障がい者の選択肢を増やす活動をしている。当社では広報、企業誘致、一般企業への就労移行サポートを担当。
▼  Ponteに対する思い
私は現在、「地域コンサル助っ人」として、情報誌やYouTube、講演会等での情報発信を通じて、障がい者の可能性や魅力を伝える活動をしたり、彼らと企業をマッチングする就労支援活動を行ったりしています。それまでは、10年以上障がい福祉サービス事業に従事したり、求人情報誌の営業をしたりしていました。障がい分野にいたときは、「素晴らしい能力や感性を持った障がい者の方が多いのに、彼らが選択できる仕事の種類や機会が少なすぎる!」と憤りを感じていました。一方、求人誌営業時代には、「世の中にはこんなに多くの職種があって、人手不足で困っている企業もこんなにたくさんあるのに、なぜ障がい者の力をもっと活用しないんだ」とモヤモヤは募るばかり。そこで、障がい者と企業の橋渡しをして、活躍できる障がい者を増やしたいと一念発起して独立をしました。そんな独立して間もない頃、人手不足に悩んでいた日産サティオ徳島の藤村社長から相談を受けた私は、車のパーツなどの美装を得意としているA型事業所アクティブの板東COOをご紹介したのです。絶対このマッチングは成立する、そう確信を持っていました。まさかこの出会いが、Ponte発足のきっかけとなり、藤村CEOと板東COOのタッグを生むことになるとは(笑)Ponteはイタリア語で「橋」という意味です。「障がい者と企業、障がい者と社会を繋ぐかけ橋」となるべく、Ponteの設立メンバーとして、これまでの経験を活かして利用者の皆さんや企業の皆さんの力になります。Ponteでの私の役割は利用者の皆さんがプロフェッショナルとして能力を身に付けていただく環境を整えるだけでなく、その後の一般就労への移行も積極的にサポートすることです。企業とマッチングするだけではなく、就職後もコーディネーター役として応援していきます。恐れず、楽しみながら一緒にチャレンジしていきましょう!

TOP